まさかの?中国ファーウェイが日本工場を年内に稼働。中国デザイン&日本製の登場か

世界シェア第3位の中国Huaweiが千葉県船橋市に工場を構える事が分かった。

早ければ年内に稼働し始める様だが、土地や人件費やらが高い日本に工場を構えることが今後どう影響するのかが注目される。

2017年6月29日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が日本に生産拠点を設けるとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。

毎日経済新聞などが日本メディアの報道として伝えたところによると、華為は千葉県船橋市にあるDMG森精機の工場を改造して初の日本工場とする予定。

初期投資はおよそ50億円で、早ければ年内に操業を始める。中国企業が日本に正式な工場を新設するのはこれが初めて。華為は日本の技術や人材を吸収し、日本や他の先進国市場を狙うという。

華為が先月発表した今年第1四半期の営業報告によると、スマートフォン出荷台数は前年同期比21.6%増の3455万台に上り、地域別では東南アジア、南太平洋がいずれも70%、中国、欧州市場はそれぞれ20%、15%の伸びを示した。

http://www.recordchina.co.jp/b182916-s0-c20.html

中国メーカーの日本国産機種も今後は出てくるかもしれないという期待の声も出ている。それに、雇用や納税に関しても期待できるので、様々なメーカーが日本に進出してくれるとそれはそれで嬉しい。

 

(まじこ)


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい