AppleのAシリーズの設計者がGoogleに引き抜かれる。将来のPixelで独自SoC搭載か

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

devs-lab.com

AppleのiOSデバイスに搭載されているSoC(システムオンチップ)である「Apple Aシリーズ」。

その設計者であるManu Gulati氏がどうやら2017年5月からGoogleで働いている事を公に発表した様です。Gulati氏は2009年8月から2017円4月までAppleのAシリーズの開発に携わっていました。Aシリーズは近年、他のSoCを凌駕する性能を誇っており、毎年のiPhone、iPadの発表時にその性能に驚かされることはつい最近もありました。

GoogleはGulati氏の雇用を皮切りにSoC関連の技術者を集め、Google独自SoCの開発を始めるようです。

近年、Android側のSoCは、Qualcomm、Samsung、MediaTek、Huawei、Rock、Xiaomiと様々なメーカーが開発を進め、発表しています。主にQualcommのSnapdragonとMediaTekのMTK/Helioが 多くのシェアを持っていますが、Google側が独自のSoCを手に入れることでQualcomm依存から脱し、優位な状態になる可能性があります。

また、Apple側ですが、今後はGPUに関する部分も独自設計を行うと噂されています。Gulati氏を失った今、今後のAシリーズにどう影響を及ぼすかも注目されるところです。

Gulati氏は、Appleに入社する前は、BroadcomやAMDといったチップメーカーで働いており、業界歴は27年間との事です。

GoogleはどうやってGulati氏をくどいたのでしょうかね?

 

(まじこ)

参考:http://variety.com/2017/digital/news/google-manu-gulati-pixel-chips-1202464014/

もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい