オーディオ無線化の最強レシーバが登場。スマホの音楽環境をイチ段階上にアップデート

有線オーディオを無線化する便利なデバイスとして「Bluetoothレシーバ」があります。

Bluetoothレシーバは「有線イヤホンとスマホ」や「AUX入力のカーオーディオとスマホ」等の無線接続に用いられてきましたが、正直何を基準に購入したら良いのか分からないといった問題がありました。

過去のBluetoothレシーバ黎明期に購入した方は「音が途切れる」「遅延が激しい」など妥協して使っていた人も少なくないはず。

そこで、これなら絶対に間違いないレベルのBluetoothレシーバが、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集しています。

このBluetoothレシーバ「EarStudio」は、大きな特徴として、ハイレゾオーディオも再生できるapt-X HD規格に対応していること、DAC(旭化成AK4375a)を2つ搭載しているなどオーディオに対するこだわりが設計に強く出ています。

(※apt-X HDは48KHz/24bitの大容量の音声データの伝送を可能にした規格。現在普及しているapt-Xと互換性あり)

充電ポートには、microUSBと比較して壊れにくく扱いやすいUSB Type-C USB Audio Class1.0に対応および、充電中でもロスレス再生が可能です。(USB DACモード対応)

また、2.5mm&3.5mmと2つのオーディオジャックを搭載。更にはファームウェアアップデートに対応、iOS/Androidコントロールアプリに対応するなど、ハードもソフトも期待できる仕様ですね。

これだけテンコ盛りの機能や色々な使い方ができそうなBluetoothレシーバ。スマホのオーディオ環境をされにイチ段階上にアップデートできそうですね。
コレ、個人的になんですがとんでもなく欲しいです。

 

EarStudio」は2017年7月12日まで出資を募っており、既に目標金額に達しています。
現在は49ドル(+日本への送料)で購入可能で、お届けは2017年9月を予定しています。

 

(まじこ)


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい