JOLED、純国産の有機ELを出荷へ。”まだ”SamsungやLGとは戦わない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

JOLED社(ジェイオーレッド)から国産OLEDパネルが出荷!

主戦場はスマホではない為、SamsungやLGとはまだあえて戦わない。

 JOLEDは、21.6型4K有機ELパネルを発表。2017年4月から、サンプル出荷を開始している。同社にとっては、初のパネル出荷となる。サンプル出荷価格はスペックによって異なり、60~100万円を想定。6月からは月2300枚体制で生産する予定だ。

JOLEDは有機ELディスプレーパネルの量産加速、早期事業化を目的として、ソニー、パナソニックが持っていた有機ELディスプレーパネルの開発部門を統合し、2015年1月5日に発足した企業だ。

現在、産業革新機構が75%、ジャパンディスプレイが15%を出資。ソニーおよびパナソニックがそれぞれ5%ずつを出資しているが、ジャパンディスプレイが、産業革新機構から株式を取得し、JOLEDの持株比率を過半数まで引き上げることを決定。2017年中の取得完了を目指し、連結子会社化する。また、JOLEDの東入来 信博社長兼CEOが4月1日付けで、ジャパンディスプレイの副会長執行役員に就任。6月以降は、ジャパンディスプレイのCEOを兼務することになる。

http://ascii.jp/elem/000/001/494/1494576/

「向こう」と比較してどうしても一歩遅れてしまっている有機EL。

古くはガラケー時代からモノクロ有機ELが背面ディスプレイとして搭載されてきたが、本格的なカラー有機ELが搭載されたのはスマホ時代から。黎明期では、Nexus oneを始めGalaxyなどのスマホで多くのユーアーに対し、様々な影響力を与えたのも記憶に新しいです。

初期のPenTile方式のAMOLEDは酷い物でした。Nexus oneやGalaxy Nexus、初代HTCJに搭載された有機ELで、どうしても仕様でそれなりの解像度があってもドットがギザギザに見える。

一番の問題点は稼働して数ヶ月で表示の仕方により焼付きが発生した。技術の進化により、現在はLCDに代わるディスプレイとして進化を続けているが、焼付きの問題は解消されている様には見えない。

AMOLEDは進化を続け、その様な問題を無くしつつ軽減しているが、店頭で見るGalaxyのデモ機は数ヶ月の稼働端末がいつも焼けている

もしも純国産の有機ELが焼付き対策などを施し、スマホの等の点灯回数が多いデバイス向けに最適化することができれば韓国勢からシェアを奪えるかもしれない。


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい