Apple、iPhone8修理対策機器を正規修理業に提供予定。非正規は終焉のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

先日のiPhone8は液晶画面にTouchIDが組み込まれる件の延長線の話。

今回の報道では、Appleは正規修理店にガラス交換可能な装置を提供するそうだが、これはTouchIDのペアリングも可能なことからiPhone8修理対策と思われる。

正規の認定修理屋以外は、iPhone8以降のデバイスを修理できなくさせる方向性ではないか。

 ロイターは7日(米国時間)、米Appleが認定した外部の修理業者に対し、破損したiPhoneのカバーガラスを交換する装置を供給する予定であると報じた。25カ国の合計400を超える修理業者が対象となる見込み。

Appleは今後数カ月で世界中の認定修理業者のうち、200の業者に対して修理装置を供給後、順次供給を拡大していく予定だという。

iPhone 5s以降では指紋センサーが搭載されているが、セキュリティの観点からロジックボードと指紋センサーが紐付けられ、単に指紋センサーを取り替えただけでは正常に動作しない。Appleの修理機材はこの紐付けを書き換えることが可能であるとされる。

同紙によると、少なくとも米国では認定を受けない修理業者によるガラスの交換作業であっても、端末を破損しないかぎり正規保証は無効とならないとするが、新装置によりそういった修理も今後受けやすくなることが予想される。

同紙は、米国内の8州で施行された「端末を修理する権利」についての法律を挙げ、消費者が所有する端末の修理を自由化が望まれているとする。一方で、同紙の取材に対してAppleの幹部は法的な影響が背景にあることを否定。あくまで修理の待ち時間を減らすためのものであると回答したという。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1064041.html

現在も、TouchID機能は街の修理屋さんで交換修理するとペアリング出来ない為、グレーアウトして機能を有効にする事ができない。その特殊なTouchIDのペアリングも可能とするAppleの機械。ガラス交換、フレームチェック、ペアリングなど、かなり修理が楽になりそうですね。ただし、この機械があるジーニアスバーの中の人の知識や技術が限りなく低い事も分かっています(当方調べ)。

この機器の存在がiPhone修理業者の明暗を分けそうですが、悪質な修理業者の多くを壊滅させる手段として非常に有効な物と判断しています。

ちなみにAppleは表向きでは「あくまで修理の待ち時間を減らす物」であるという知らん振りをしているわけです。

 

(編集部)

 

もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい