【Apple認証鑑定】Kickstarter発のLightningケーブルスタンド BOBINE AUTO【判定:×】

Pocket

今回の検証ケーブルは自立するLightningケーブルスタンドこと、BOBINE AUTOです。

どうやらKickstarterで資金調達を成功し製造された商品で、パッケージも豪華でカッコいい(シールがクソだが)。MacBookの横にiPhoneを立たせて充電とかイカスというアイディアケーブル。

なのですが、実に怪しい臭いを感じた為購入。MFi認証しているアピールをシールで強調しているのが臭うポイント。

基本情報とケーブル品質

オフィシャルWeb:FUSE Chicken
MFi記載ページ:BOBINE AUTO
Apple MFi Search:記載あり

【評価点】
デザインはなかなか良い。かなりゴッツイ仕様ではあるが、iPhoneを支える物としてこれくらいゴツくないと話にならない。支えの部分はPVCなのか少し柔軟性があり、支えが軽くクリップ状になっている。
オプションに固定パーツが2個付いているが出番はあるのかな…

【問題点】
意外にも重かった。その事でケーブルの向きや角度によってはUSBポート側に負担がかかるのが心配。また、ケース等を装着したiPhoneは厚みにより使用不可。

MFi認証チェックツール

【判定】
ATS-618:E75 Copycat
YG-616:E75 Copycat  + Score 91

どちらともフェイクE75である事が確認できた。確実にMFiチップでない偽物
しかも組み込まれている日時のデータベースが古い。

推測するにこれはBOBINE AUTOの偽物。ただしMFi Searchに登録されている物として確実にMFiチップで製造されている物は存在する事が言える。

が、MFiのC系チップは製造コストに約4ドル/個の負担がかかるため一部ロットだけをMFi認証物で、その他の製造ロットは偽物チップを搭載して製造するパターンの可能性もある。このパターンは激安MFi認証ケーブルに多く見られる為だ。

この製品自体がBOBINE AUTOを模した偽物なのか、それともメーカーがケチってMFi認証でないチップの偽物を混ぜたのかは不明。

どちらにしても悪質である。

※このシールデザインをしている会社のケーブル、ちょっと深く探ってみる必要がありそうです。情報をお持ちの方はメールにて情報をください。

 

【お約束:検査機結果が100%正確なものとは限りません。ケーブルメーカー独自仕様により検査機回避などを施している可能性もあります。当サイトの検証結果はあくまでも参考程度にしてください。】


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい