スマホ&ガラケー国内シェアランキング。iPhoneと「その他」となる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

もう、国内のスマホシェアなんて意味も興味薄い方も多いのではないかと。

iPhoneとその他。

iPhoneとXperiaと思っている人も多いかもしれないが、シェアの図を見て分かる通りiPhoneとその他。

 2017年第1四半期の国内携帯電話出荷のうち、アップルの「iPhone」が約48.4%という著しく高いシェアを獲得したことが、IDC Japanの調査でわかった。

同調査によれば、スマートフォンとフィーチャーフォンをあわせた、第1四半期の携帯電話出荷数は879万台(前年同期比9.0%増)だった。2016年に入ってから出荷台数は下落傾向にあったが、IDCでは「回復基調にあると言える」と指摘する。

このうち、アップルのiPhoneの出荷数は426万台(前年同期比6.3%増)で、シェア48.4%。フィーチャーフォンを除くスマートフォンだけでのシェアを見ると50%と半数を占めるまでになり、レポートでは「日本市場での圧倒的な強さを保っている」と評する。

シェア2位は京セラ、3位はシャープ、4位はソニー、5位は富士通と続く。この順位はフィーチャーフォンを除くスマートフォンだけのシェアでも同じだった。

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1063166.html

 

京セラに関してはタフネス、エントリー、Android Oneなどで幅広くシェアを持ってる。スマホマニアには興味の薄い端末ばかりだが、手頃な価格やターゲットを絞った端末で「買ったら京セラだった」系。先頭を走るよりも地盤を固めて戦うタイプ。

続くシャープが意外にも強かった。これと言って何かに優れた端末も無ければ投げ売られて配られた端末も無し。案外安定している様にも見える。こちらもシェアに関してはAndroid Oneの影響がある可能性。スマホ初心者にはワイモバイル&Android Oneの選択肢が良いのかもしれない。

SONYが4位とは残念。しかし出方を見ていると頷ける物だ。型番のわかりづらさ、旧モデルの投げ売り、小幅なマイナーチェンジ、中々直さない(今は直った?)4K動画熱暴走問題など。フラッグシップモデルで戦い続けるのは良いけど、上記の尻拭い的な問題に関してマニアは避ける傾向にあるかもしれない。

富士通はスマホマニアが持つイメージ「ホッカイロ(不具合てんこ盛り端末)」から抜け出すことではないでしょうか。

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい