アマゾンは詐欺を容認しない。だが知らない人には教えないスタンスで通す

遅くないか?

Amazonマーケットプレイス詐欺に関する件をチャン社長が「詐欺は容認しない」とコメントした件。

何らかの対策を行っている様であるが、Amazonトップページやメールには何ら警告も対策も公表していない知らない人には知らせない、そんなスタンスだ。

 「アマゾンは詐欺を容認しません」──。アマゾンジャパンは運営する通販サイト内で行う仮想モールサービス「Amazonマーケットプレイス」の出品事業者ら約600人を集めて5月19日に都内で開催した「Amazonセラーカンファレンス2017」で、悪質業者が出品した安価に値付けした商品を購入しようと手続きをした利用者から実際には商品は送らずに、個人情報を取得するなどのいわゆる”アマゾン詐欺”について、同社のチャン社長が公式の場で初めてコメントした。

http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2017/05/post-2852.html

 

対策には不信感が募る。

一般人が乗っ取りからの偽出品者として被害を受けている状態でも、何ら警告も打たない。マーケットプレイス詐欺が暴れまくっている状態でもAmazonから来たメールは、二段階認証などのセキュリティを云々だけ。

 なお、チャン社長が同カンファレンスで言及した「不正を行う販売事業者に対する措置」の具体的な内容に関しては「(対応措置を)実施していることは間違いないがセキュリティの観点から詳細はコメントできない」(同社)としている。

コメントはできないのは良いけど、もう少しAmazon利用者に警鐘を鳴らす事、対策した結果を公表する事、そうでもないと安心してマーケットプレイスの商品は怖くて買えない。

手口がバレれば更に巧妙化していくのは詐欺は当たり前なので、このアカウントなら安心!と思ってもどうしても一歩引いてしまう。

マーケットプレイスで商売を成り立てている業者は売上が下がるなどの死活問題と思われるこの状況、いち早く詐欺集団を締め出して安心して買い物ができる様に調整してもらいたいものだ。

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい