スマホ出荷数が過去最高3000万台へ。その5割をApple端末が占める

 2016年度に国内で出荷されたスマートフォンは3013万台で、前年度より3・3%増え、過去最高だった。調査会社のMM総研が18日発表した。格安SIM業者が好調で、これまでの最高だった12年度の2972万台を抜いた。

メーカー別の出荷台数はアップルが3・6%増の1587万台で、スマホ全体の52・7%を占めた。2位はソニーモバイルコミュニケーションズで6・2%減の457万台、3位はシャープで8・0%増の280万台だった。

MM総研の横田英明研究部長は「総務省の値引き規制で国内勢の端末が振るわなかった一方、アップルは格安SIM業者で『iPhone5s』など旧型機が売れた影響が大きい」としている。

http://www.asahi.com/articles/ASK5L4H1MK5LULFA00S.html

 

格安SIMやスマホの登場で2台目3台目を所持する人が増えたからってのも原因じゃないですかね。それに2016となると以外にもiPhone関連の割引こと一括案件が目立った年でもあります。

iPhone5sに関してはサブキャリアが汚いやり方で一括0円で月額数百円とかでバラ撒きましたね。リファビッシュ品の在庫処分とかいいアイディアですけど、他のMVNO業者が出来ないことをやりすぎてますので特定のお店の細かいTwitter発言を気にしていると得することがあります。

総務省の規制にかからない旧機種または安価な機種が現在の主戦場ですが、もう少し大きく荒れて荒れてSEも安価になる案件をバンバン打ってもらいたいですね。

 

Writing by Ryu.ch


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい