安くて高音質の中華イヤホン。をコピーする粗悪中華イヤホン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Plextone X46MPlextone X46M Detachable HiFi Earphones 10ドル

ここ近年、激安中華イヤホンが意外にもクオリティが高くコスパにも優れていると話題になっている。

一昔前では無名ブランドの中華イヤホンなんて日本の100円均一レベルの物と認識されていましたが、今では随分と状況が異なり「安いのに良い音を出す製品」が沢山確認されています。

例えば、中国のスマホで有名なXiaomi(シャオミ)のイヤホン「PISTON2」は20ドル程度でありながらも1万円クラスの音質を出しているかも、という事で話題になりました。

Xiaomi Piston2 現在は手に入らない…

この様な価格よりも優れた性能を発揮するとされている中華イヤホンの主な価格帯は1000〜5000円クラスで、コスパや音質を考えると国産イヤホンが太刀打ちできない市場にまで成長している様です。

 

どこで買えるのか

中華イヤホンは日本でもAmazonなどで購入することが可能ですが、海外の販売サイトGearbestAliexpresstaobaoから購入する方も多い様子。海外から購入する際は、到着までに時間がかかりますが安価で入手することができます。

日本では翌日届く商品もありますが、レビューに関して絶賛の評価と酷評の両極端の物が入り混じっている物が目立ちます。どうやら実際には購入していないサクラレビューによる評価の釣り上げが多く、それに騙された購入者が酷評している事の様です。

また、数万円以上の高級中華イヤホンに関しての「絶賛」に関しては下記サイトにもありますが、アフィリエイトによる過剰評価が多く見受けられる為、注意が必要です。

 

何がオススメ?

中華イヤホンといってもかなりの数があります。その中で値段感や好みの音を出すイヤホンを巡り合うにはかなりの数をこなされないと行けません。それに当サイトで各サイトのアフィを付けていないので、特にゴリ押しする様なイヤホンはありません。

ですが、中華イヤホンの入門機としては、ユーザーやレビューの多いXiaomi Piston In Ear Earphonesあたりから入ってもいいかもしれません。同じくXiaomiでデザインを重視するならXiaomi Mi Capsuleもオススメです。

Xiaomi Piston In Ear Earphones Fresh Version

Mi Capsule EarphonesOriginal Xiaomi Mi Capsule Half In-ear Earphones with Mic

いずれも購入・テスト済みですが、Xiaomiのイヤホン特有の自身の耳にフィットするなら最高のコスパを実現するイヤホンです。
Capsuleの場合はイヤーピースが変更できないので人を選ぶかもしれませんがカッコいいです。

Plextone X46MPlextone X46M Detachable HiFi Earphones

また、Plextone X46Mの様な、10ドル程度で脱着式(非MMCX 独自規格?)の変わり種のイヤホンもあります。
こちらは低音色が強く音質はまずまずで、音源を選ぶ様な感じでした。当たりイヤホンではありませんが、価格より+α的な規格として面白い物ですね。

 

こんな失敗例も

前記の「Xiaomi Piston2」に関しては人気が出過ぎた為か、偽物が大量に出回っています。Gearbestでもかつてその偽物が販売されていました。その価格は何と4ドル

Bass Sound Piston

写真ではもう「Piston2」です。と言わんばかりの主張。でも絶対本物ではありません。
捨てる覚悟で試しに買ってみました。

傷だらけの粗悪品|クリックで拡大

粗末なケースに金属部分も傷だらけ。かつメッシュもガタガタなお粗末なイヤホンが届きました。Gearbestさん検品してよ…

音質に関しては…想像していましたが期待はずれです。エージングすれば多少は聴けるかもしれませんが、粗悪すぎて使う気になりませんでした。

中華イヤホンでも何かのコピー品(フェイク品)に関しては注意が必要そうですね。有名商品の形をしているだけでOKという事でなければなるべく避けましょう。

ちなみに、このPiston2の偽物的なクソイヤホンはドン・キホーテに売っていて500円で購入可能です。決してお得な商品ではありませんが、気になる方はどうぞ。

 

次回予告

いかがだったでしょうか?
当サイトではコスパに優れた中華イヤホンを今後も注目していきます。何か良いオススメ中華イヤホンをお使いの方、是非コメントください!

次回はスマホで使うポータブルアンプを紹介していきます。

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい