次期iPhoneSE?Ion-X Glass素材のリアパネル(偽物の可能性)

次期iPhoneSEのリアパネルと思われる写真がリークされている。

中国Weiboから流出した写真には、ガラス製のiPhoneのリアパネルが写っている。従来のカメラとLEDフレッシュが横並びではなく、縦に並んでいるのがiPhone8と似たような特徴だ。

もしもリークが正しければ時期iPhoneSEはとり滑らかで光沢のあるガラス製になる、という事になりますね。そして気になるのが材質として記載されている「Ion-X Glass」です。
「Ion-X Glass」はApple Watch Sportに採用されている素材で、CorningのGorilla Glassと同等の強度を持っています。
Gorilla Glassが悪いとは思いませんが、今までのiPhoneの割れ具合をみるとガラス製の筐体には少し不安が残ります。(アルミ製も強度や腐食など問題はありましたが…)

また、この画像に関しては改ざんされている可能性がある事が指摘されています。@OnLeaksが指摘するに、このパネルは中国メーカーの360 Mobilesのスマホの様です。ロゴが若干歪んでいたりするなど、それっぽく改竄された様ですね。

次期iPhoneSEに関しては今までも情報は殆ど出ていないものでしたので信憑性は非常に低いかもしれません。
ただし、iPhone5cの様に無かったかのようなラインナップになることは避けてほしいですね。5sの筐体のままiPhone7クラスのSoCとメモリ増加してもらえるだけでより満足な端末になるでしょうね。

 

 

参考出典:PhoneArena


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい