【通信し放題】スマホゲー&ストリーミング&SNSも制限無し格安SIMが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

これは良いSIM。

スマホゲーマー用のMVNO SIMが登場する様だ。月額に関しては「データSIM 5GBで2100円」と割高。だがこのカウントフリーオプションを利用できるSIMと考えると決して高くない。

カウントフリーは「+500円/月」を支払うことで、有名所のスマホゲーおよびAbemaTVやAWA等のストリーミングサービス、FacebookやTwitterなどのSNS、AppStoreやGoogle Playもパケットカウントされないという。

外出先でのAbemaTVやAWA等の随時通信を行うコンテンツや、アプリアップデートなどの大容量更新の際に大きく貢献するだろう。

ただしターゲットユーザーの場合は5GBだと多めに余ってしまう可能性があり、繰越しや分け合いなどのサービス面も期待したい。また、コストを抑えたいユーザーの為にも1〜3GBプランや通信制限速度モードオンリープラン等の登場も望まれるだろう。

 LinkesMateは、「グランブルーファンタジー」のプロデューサーとして知られる春田康一氏が代表を務めるベンチャー企業・LogicLinksが展開する「ゲームプレイヤーのための」データ通信サービス。

基本料金は、データ専用SIM・月間通信量5GBで月額1500円、10GBで2500円など。プラス600円で音声通話も利用できる(通話料別途)。

「カウントフリーオプション」(月額500円)に申し込めば、対象のゲームなどのデータ通信量の90%以上をカウントしない。一部、コンテンツやゲームのアップデートにより通信量がカウントされる場合もあるという。

カウントフリーオプション対象ゲームは、「グランブルーファンタジー」「剣と魔法のログレス いにしえの女神」「三国ブレイズ」「実況パワフルサッカー」「Shadowverse」「刀剣乱舞-ONLINE- Pocket」「みんゴル」など。さらに、「AbemaTV」「AWA」「Facebook」「Twitter」「App Store」「Google Play」もカウントフリーになる。

続きはこちら(ITmedia


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい