個人情報をブッコ抜かれるかもしれない野良WiFiに注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

WiFiをONにしたままにして出先で知らないWiFiアクセスポイント(AP)に自動接続された事ありませんか?

外で勝手に接続されるWiFiAPは主にコンビニや大手設置の公衆WiFiだったりします。もちろん登録者のみ使用可能なので勝手に接続されるとネットが切断され、あれ?と思った方もおられるでしょう。あれってわりと迷惑ですよね。

また、たまに見かけるのがセキュリティを掛けていない、いわゆる「フルチン」のWiFiAP。それは出先でネットをタダ乗りできるオアシス的な感じに捉えている人、もしかしたらそのAP、個人情報を狙う「罠」かもしれませんよ?

APを管理する側は接続された端末の通信情報などの読み取りが可能なので、悪意のある設置者の場合は個人情報に関わるデータまで抜き取りに来るかもしれません。
防護策としては、外出時はWiFiをオフにするか、知らないAPに自動接続されないように設定しましょう。意外にも気にせずそのまま利用している人が多いのです。

スマートフォンには、「Wi-Fi」と呼ばれる無線LANの電波を使用する通信手段があります。
今、駅や空港、飲食店など、街のさまざまな場所にWi-Fiのスポットがあり、スマートフォン、パソコンがすぐにネットにつながります。
大変便利ですが、飛び交う電波の中には、悪意のある人物が、Wi-Fiを介して個人情報を狙っているというケースもあります。
Wi-Fi利用、その危険性を検証しました。

続きはこちら(FNN)※動画あり


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい