赤液晶の次はWiFi接続不良…「爆弾よりまし」言われ放題のGalaxy S8

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

赤液晶の次はWiFiがつながらない…テストをちゃんとしてから出荷しているのか、と指摘されるGalaxy S8シリーズ。
「爆弾」の失態を挽回する為にも早期に登場したS8シリーズですが、端末こそ素晴らしい形状をしていますがどうやら急ぎすぎた為にソフトウェアの調整が間に合わなかった可能性がありますね。

S8シリーズを期待していたユーザーは少し不安感をもってしまった結果になっているが、物理的な不具合であった「爆弾」よりましだという声も。

(なんでもそうですが)最新のデバイスは人柱にテストしてもらってから購入するのが一番安全ですね。

2017年4月23日、韓国・デジタルタイムスによると、韓国・サムスン電子の最新スマートフォン「ギャラクシーS8」シリーズに無線LAN(Wi−Fi)の接続不良問題が発生し、購入者から苦情が相次いでいるという。

関連業界によると、ギャラクシーS8とギャラクシーS8プラスは18日の発売直後から、韓国最大の通信事業者であるKTの5GHz帯域周波数を使う無線LANを使用した場合に接続できなかったり、突然接続が途切れるなどの現象が発生していた。

続きはこちら(レコードチャイナ


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい