「7R」として帰還!Galaxy note7Rが地域限定で発売予定

Pocket

あのGalaxy note7がついに帰ってくる。
PhoneArenaによるとGalaxy note7に「R」がついて「Galaxy note7R」として再販されると報じている。RはReturnの意味といった感じか?

note7の再販に関しては、以前報道された外装を変更した別モデルで発売するものではなく、今回流れた情報では仕様変更はバッテリー容量のみに留まるそうだ。3500mAhから3200mAhに減少したものの、note7事件を機にSamsungは8点電池検査計画の導入を検討しているなど、バッテリーの検査や扱いには慎重そうだ。ちなみに7Rのバッテリーメーカーは報じられていない。

noteシリーズのファンとしてはnote7が(少しでも安価に)手に入るのであれば大歓迎。noteシリーズは筆圧感知+ペンモデルとして好きな人は大好きな部類の端末と言え、一部のマニアから絶大な人気があるのは否めません。
スペックに関してはすでに市場はSnapdragon821に移行し、近日には835へとシフトするなか、既に世代交代した820ではフラッグシップモデル価格では出せないでしょう。また、米国での発売は無いに等しく、7Rはアジアやヨーロッパの一部での販売に限定される様です。

参考:PhoneArena

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい