IGZO搭載、3キャリア対応のアルミ筐体スマホ「g07+」が19,800円で登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

NTTレゾナントのGooスマホの新型「g07+」が19,800円(税別)で登場する。

前作の「g07」のマイナーアップデートの後継機で、CDMA2000に対応した事でauの3G回線も利用可能なDSDS端末となったうえ、IGZNO液晶の採用タッチパネルの感度の向上カメラ性能のアップなど、端末の完成度を高めているのがポイント。

g07と基本的なスペックは同じで、SoCはMT6750TというSnapdragon801クラスの処理速度の物。メモリが3GBと多い分、通常操作に関してはストレスはなさそう。ゲームに関しては2Dゲーは問題なく動かさせると思われる。
その他の部分に関して、アルミ筐体や比較的大容量なバッテリーの搭載、USB Type-Cの採用など、時代に合わせた装備も手を抜いていない。

19,800円(税抜)で3キャリアのSIM対応の5.5インチFHD IGZOディスプレイ+3GBメモリ&32GBストレージのアルミボディ採用の端末、となると購入欲がかなり刺激される。
ここ最近増えつつある15,000円前後の格安スマホを検討しているなら、もう5,000円足してこのg07を購入した方が満足度を高く感じられるかもしれない。

OSAndroid 6.0 (Android7.0 アップデート対応保証)
CPUMT6750T オクタコア / Cortex-A53 1.5GHz ×4, 1.0GHz ×4
ROM/RAM32GB/3GB
外部メモリmicro SD/SDHC/SDXC / 最大128GB
サイズ約152×75.6×7.9 mm
重量約 150g
ディスプレイ5.5インチ, Full HD IPS液晶, 1920×1080ドット、Dragontrail®強化ガラス
カメラアウトカメラ: 1300万画素
インカメラ : 800万画素
バッテリー容量3,000mAh
ネットワーク■LTE: B1(2100) / B3(1800) / B8(900) / B19(800)
■W-CDMA: B1(2100) / B6(800) / B8(900)
■GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
■CDMA2000: BC0(800) / BC6(2000)
SIMスロットmicro SIM + nano SIM (DSDS対応)
WiFiIEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz / 5Ghz)
BluetoothBluetooth 4.1
センサーA-GPS/GPS
Gセンサー(加速度)
近接センサー
環境光センサー
電子コンパス
ジャイロセンサー
同梱物保証書
クイックスタートガイド
保護フィルム(簡易版)
USBコード(Type-C)
ACアダプタ
SIMピン

NTTレゾナントは3月27日から、新たにau SIMに対応することで3キャリアすべてでDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)機能が活用できるSIMフリースマホ「g07+(グーマルナナプラス)」の「OCN モバイル ONE」とのセット販売を開始した。価格は税抜1万9800円。あわせて、前モデル「g07」はgooSimsellerでSIMカードとセットで2000円引きの1万7800円で販売される。

g07+は新たにCDMA2000に対応することでau SIMが利用できるようになった。これにより、ドコモとau、ソフトバンクの3キャリアのSIMすべてでDSDS機能を活用可能。ただし、au VoLTEとauの4G LTEデータ通信には非対応。フルHD解像度の5.5型液晶にはIGZO液晶パネルとDragontrail強化ガラスを採用し、タッチパネル精度も向上している。

続きはこちら(ASCII

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す