iPhoneの画面修理がApple正規店でないと不可になる仕様に?

次期iPhoneはApple系のジーニアスバー以外では修理不可になる、という話は以前から懸念されていた事実。
それが、TouchIDの後継機能の実装により事実見が帯びてきた。

iPhoneは5sからTouchIDという指紋認証機能を搭載した。TouchIDは指紋認証ユニットと本体のIDをペアリングし、一旦そのペアリングが解除された場合は個人や一般修理屋で修復するのは不可能だった。それは、修理屋が社外品を使っているから、というわけでもなく、純正パーツのTouchIDに交換したとしてもIDがペアリングされていないため、指紋認証機能は有効にできないのだ。
一部、国外のあやしい業者ではハッキングに成功したとの話を聞いたこともあるが、事実かどうかは不明。

また次のiPhoneは物理ホームボタンが廃止され、タッチパネル内にTouchIDが内蔵されると噂されている。と、なるとIDはタッチパネル内に格納され、画面割れ時にフロントアッセンブリを交換しただけでもペアリングが解除されるという事になる。
無論、今まで通り修理する前にTouchID機能をOFFにしてから修理交換で問題は回避できそうだ。

また近年、iPhoneのフロントアッセンブリにユニットや機能が集中(6sでForceTouchなど)してきている事もあり、一般的に入手するにもコストが非常に上がっている。次期iPhoneでは有機ELディスプレイの搭載や更にTouchIDといったセキュリティに関するユニットの内蔵によって、更にコストが上がる事が懸念される。

ジーニアスバー以外での修理が難しくなるのは不便になるが、一方粗悪な社外製の交換用フロントアッセンブリが淘汰される可能性があるので、結果的には良い方向に向くのではないかとも思っているのが本音。

落としたら即Apple行きか…?
まだ正式発売は先の話でしょうけど、次期iPhoneとされる「iPhone 8」をめぐる噂が、いろいろ飛び交っています。
なかでもホームボタンをなくし、前面はフルスクリーンのガラス仕様になるとのリークが注目を集めていますが、
もし本当にホームボタンレスのiPhoneが誕生すれば、簡単には修理できなくなるとの懸念が高まってもいるようですよ!

その原因は、Touch IDの指紋認証センサーが、ホームボタンではなく、ディスプレイそのものに組み込まれるであろう
仕様変更にあります。いまでもTouch ID部の修理は非常に複雑で、指紋データが本体のチップ内部の
「Secure Enclave」アーキテクチャに保存され、両者は共通鍵でペアリングされているため、
ホームボタンを別のパーツに付け替えるだけで、Touch IDでのロック解除はできなくなります。よくある画面が割れるといった
故障時には、ディスプレイこそ新しくするものの、Touch IDセンサーのあるホームボタンは、必ず以前と同じものを継続使用することで、
Touch IDとSecure Enclaveのペアリングが解除されないように細心の注意が払われているんだとか。

しかしながら、もしTouch IDが、ホームボタンレスになってディスプレイに組み込まれてしまったとしましょう。
画面が割れて、ディスプレイを別のものに勝手に入れ替えるだけで、もう以前のTouch IDとのペアリングが効かなくなってしまい、
昔のiPhoneのようにパスコードを入力する認証方式しか使えなくなってしまう恐れがあるみたいですよ。
Appleが正式にリペアを実施する場合は別として、という話にはなるんでしょうけど…。

続きはこちら(Gizmodo


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい