360度カメラスマホが登場。ハイエンド版は埋込ダイヤも

Pocket

毎年様々なスマホが登場していますが、デザインも機能も同じ様な物ばかりでマンネリ化が続いていました。
しかし、昨年末に発表された中国ProTrulyがDarlingは別格です。

Darlingは、360度カメラ(180度カメラを前後)に搭載し、全方向の撮影を可能にしています。
半球体型のカメラレンズの為、随分と厚みを帯びており、ポケットに収まる範囲ではありますが、決してスリムではありません。
今後360度動画が普及していくにつれ、スマホ+360度カメラを別々で持ち歩く人も多くなると思いますが、少しサイズが大きくても1台で収まるこのDarlingが重宝されるかもしれません。

Darlingは、中国向けの2モデルを準備しているようです。
通常版は600ドル程度、ハイエンド版で1300ドルと、中華スマホにしては非常に高価な値段設定となっています。
ハイエンド版にはレザーや金が使用され、4個のダイヤモンドが埋め込まれている為、1000ドルオーバーの価格設定になっている様ですね。

主なスペックは2モデルとも共通で、5.5インチFHD液晶、SoCはMediaTek Helio、メモリは4GB、ストレージは64GB。カメラは13MPx2個、3560mAhバッテリー、USB Type-C、背面に指紋センサー、OSはAndroid Marshmallowが搭載されています。

ちなみに、360度カメラを利用する人は自分映りを嫌う人が少なくありません。自撮り棒などを駆使して遠くから撮影して自分を隠す方法を取っている方もいます。
Darlingでは遠隔撮影する方法がない限り、360度モードでは確実に自分が写り込んでしまいます。その点は考えられたのか不明です。

出典:THE VERGE


モバラボ編集部

投稿者の過去記事

モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者であり元世間を騒がせ会社の人であり規制前にマ●●ン売ってたヤツであり香港深セン輸入マンでもあります。
にわかなスマホ情報発信者を斬ります。

ピックアップ記事

  1. ギガヤバ(UQのキャッチコピー)広告に「大げさな表現」を行っていたUQと利用者との裁…
  2. 最近はイヤホンもヘッドホンもbluetooth接続型の安価な物が沢山出回っています。しかし、…
  3. 期待できるのか否か、今までの流れを見ると4年縛りを生み出した(それも規制される方向だが)総務…
  4. 4年縛りなどの囲い込み契約に関して公正取引委員会が動くようです。4年縛りや実質リース…
  5. Bluetooth対応のモバイルスピーカーは様々なラインナップがあり、どれを購入して良いのか…
  6. またしても不具合?GalaxyS8に続き、GalaxyS9でも端末トラブルが発生して…
PAGE TOP