Windows Phone死亡。スマホ世界シェアがAndroidとiOSで99%を超える

2年くらい前に「Windows Phone」が世界シェア2位まで上り詰める!Androidを超える!なんて豪語したライターさん元気ですか?

世界のスマホシェアの99.6%がAndroidとiOSである事がガートナー社の調査でわかりました。

残りの0.4%がBlackBerryとWindowsMobileとその他という事に。
AndroidやiOSが黎明期、いや市場に普及していなかった時代はまさにWindowsMobileやBlackBerry、SymbianOSなどPDA向けOSが主でしたが、時代はiOSの登場で操作は感圧式(タッチペン)から静電容量式(指スライド)に。
その時代に追いついてこれず、あぐらをかいていた企業の成れの果てです。

いまからアプリのマーケットを構築するのは難しいのこともあるので、もう第三勢力は出てこないでしょうね。

 

ガートナー社によると、2016年の第4四半期には、世界で4億2,300万台のスマートフォンが販売されました。そのうち、81.7%がAndroid端末で、17.9%がiOS端末でした。合計すると市場の99.6%を占めています。そのほかの競争相手をすべて合わせても0.4%にしかなりません。

そのほかの競争相手とは、市場の0.3%を占めるWindowsと、市場の0.0%を占めるBlackBerryのことです。残りの0.1%は名も無いオペレーティングシステムが分けあっています。そして、そう、タイプミスではなく、BlackBerryはシェアの0.1%も獲ることができませんでした。BlackBerryはもう死んでしまったのです。

2社による複占とはいえ、序列ははっきりしていることには注意が必要です。市場の81.7%を占めるAndroidが単独でトップに立っています。とはいえ、Appleは、プレミアムな価格付けと確立されたエコシステムで十分な収益をあげています。ですので、両社ともに、現状には満足しているものと思われます。

続きはこちら(Lifehacker


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい