Xiaomiのベゼルレススマホの新型Mi Mix2は画面占有率が脅威の93%に?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

XiaomiのベゼルレスモデルMi Mixの新型Mi Mix2ではさらに画面占有率が93%を超えるものになる可能性が報じられています。

現行機のMixでは公表率より低い84.16%程度という結果になりました。しかし、それでも素晴らしい結果ではありましたが、今回は更に上を行く93%となる様です。
93%迄になると、持ち手部分の問題や端末のバランスなどが気になります。

また、中華スマホのイメージCGの画像は限りなくベゼルレスにモデリングされていますが、実際はがっかりするレベルな詐欺画像である事が多く、激安系ならなおさら偽装していることが多いです。

Xiaomiの場合は多少の盛り方はありますが、期待を裏切らない程度に端末の出来がよいです。
中華スマホを購入する際は、画像で期待値を上げたりせず、まずはスペックを重視してみましょう。

2016 saw a lot of new and exciting smartphones hit the scene, but few raised as many eyebrows as the Xiaomi Mi MIX. For many years, manufacturers have continued to increase the screen-to-body ratio of their premier handsets, but Xiaomi really grasped the nettle and took things to the next level. With an 84.16 % screen-to-body ratio, the MIX’s numbers aren’t quite as impressive as the 91.3% first claimed at announcement, but still ahead of most of its peers. According to the latest rumors, the successor to the MIX will make the jump once more, with the display accounting for 93% of its overall footprint.

続きはこちら(ソース元)
http://www.phonearena.com/news/Xiaomi-Mi-MIX-2-to-boast-a-93-screen-to-body-ratio_id91683

 

もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい