脅威のGalaxy note7大復活。新興国でリファビッシュ品として販売か

Pocket

あの爆弾とまで言われたGalaxy note7が新興国にてリファビッシュ品(整備品)で登場するようだ。
どうやら回収した基盤を流用するらしいが…

記事をまとめると
・Samsungが回収したnote7を
・整備して新興国(インドやベトナム)で
・別バッテリー、別ガワにして新たに発売する

安ければ欲しい。爆発さえしなければnoteシリーズは良端末なんだし。
もしも仕様変更で筆圧感知機能がなくなったら買うに値しないけど。名称変更くらいは普通にして販売しそう。

続報待ちですね。

21日付韓国経済新聞によると、サムスン電子がバッテリーの発火で生産中止となった「ギャラクシーノート7」を準新品(リファビッシュ製品)として再発売する方針のようだ。インドやベトナムなど新興国での販売を目指すもよう。

リファビッシュ製品は、初期不良などで回収された製品の正常な部品を集めて組み立て、新品に準じる状態に仕上げた製品を指す。

サムスン電子は、6月ごろに小容量のバッテリーを搭載したノート7を発売する検討に入った。ノート7の本来のバッテリー容量は3,500mAhだが、新たに搭載されるバッテリーは3,000~3,200mAhほどになるという。部品の大部分はそのまま使用し、ケースなどは新しいものを用いる。

リファビッシュ製品を発売することで、在庫負担を軽減する狙いがあるもよう。ノート7は全世界で306万台が売れ、これまでに98%が回収された。

続きはこちら(ソース元


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい