次期iPhoneで顔認証導入か。既存のTouchIDはそのまま?廃止?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Appleは次期iPhoneで顔認証機能を導入する為に、イスラエルの新興企業を買収したとのこと。
その新興企業は14年に起業したばかりの顔認証ソフトウェアの開発会社。

まとめると…
・Appleは次期iPhoneに
・(虹彩スキャナや)顔認識ソフトウェアを導入するため
・イスラエルの企業を買収した

従来のTouchIDを排除するなんていう話も噂で出てますし、ボタンを無くして押し込み+画面指紋スキャナなんかを装備する的な感じが有力だったけど、実際には7の静電式TouchIDが一番便利で壊れにくくてホームボタンらしくて良いかと思うんだが。

Android勢も無駄にホームボタンを無くした端末は、有る端末と比較して以外に使いにくい部分(全画面表示を中心に無駄な動きが必要)があった。

虹彩スキャナは正直良いんだけど未経験で何ともいえない。顔認証はフロントカメラでいちいち写真取って登録するのかな?
いちいち見たくもない自分を撮影しないと使えないとかならちょっとご遠慮したいのが正直な所。(カーブス見習えよ…)

ただ、とにかくTouchIDは残しつつ、認証手段が増えることには賛成。スマート化(笑)でなんでも簡略化することだけはやめてもらいたい。

Appleがイスラエルの新興企業RealFaceを買収したと報じられている。
RealFaceは、パスワードや指紋を入力することなく顔を見せるだけでユーザーを認証する顔認識ソフトウェアを開発している。

イスラエルのビジネスニュースサイトCalcalistが現地時間2月19日に報じた。買収金額は数百万ドル相当と推測している。
Appleに事実確認とコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。イスラエルの技術企業の
データベースを管理するStartup Nation Centralによると、Appleは2月にRealFaceを買収したという。
RealFaceのウェブサイトは19日午前の時点で表示されなくなっており、連絡先の情報を入手することはできなかった。

テルアビブを拠点とするRealFaceは2014年に創業した。最初の製品は「Pickeez」というアプリで、
顔認識ソフトウェア「RealFace」を利用してさまざまなプラットフォームからユーザーの最も良い写真を選択するものだった。

続きはこちら(ソース元

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す