助けて!テレビが売れないの…3D、4K、NHK集金もつけるから買って!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

テレビが売れないなんてよくもそんな事が言えるね。
無駄な機能の押し付け、偏向報道、数年後の買い替え前提の機能、ネットの切り離し…一番の問題点は番組が詰まらない事。
スマホで映像コンテンツを見るだけで精一杯で、ながらでもテレビなんか見なくなったね。そう言えば。

まとめると…
2011年以降、スマホが普及したので
新生活家電でテレビが売れない
家電屋が困っている

テレビコンテンツが評価されていない、という事になるわけで。
いつ見ても、タレントが飯食ってる、旅している、クイズに答えている、内輪で楽しんでる、なんてのがメインになっている番組にカネ出して(更にはNHK集金も追加である物を)欲しいとは思えない。

そもそも、いつもでどこでも映像コンテンツ見れる時代になった今日日、画面にかじりついてまで見たいコンテンツを作れないTV局にも問題があるのをそろそろ理解してくれないかね。

一方、ネットTVのAbemaは現在苦戦を強いられているとの報道があり、まだまだ想定しているアクティブユーザーの獲得には及んでいないのも現実。
アニメ系のチャンネルはよく見るけど、再放送ばっかりで最近は見るのが億劫になってフリースタイルダンジョンの日しか見ていないわけですが、Abemaには頑張ってもらいたいものです。

そいや、スマホ1台でBOXも無い人はAbemaやVOD見る際にはスマホ画面にかじりつきなのかな?

テレビ番組も視聴できるスマートフォンの普及で、若者のテレビ離れが進む中、
家電量販店の販売戦略も変化を迫られている。まもなく春の新生活の準備を見据えたセールの時期だが、
セット商品からテレビが外れる傾向が顕著。ライフスタイルの変化やネットを通じた情
報の氾濫で若者世代の考えも多様化しており、家電量販店もニーズに応えようと腐心している。

「テレビはあまり見ないので買いません。どうしてもという時はスマホでも見られるので」。
苫小牧市内の家電量販店を訪れた市内の専門学校生堀井都さん(20)はこう話し、春からの新生活に向け、冷蔵庫や洗濯機を熱心に比較していた。

続きはこちら(ソース元


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい