Apple、MFi認証に「UAC」を追加。iOS機のTypeC採用がまた遠のく

もうUSB TypeCにしてくれないか…MFiは偽物ばかりだ…

AppleがMFi認証プラグラムにUAC(Ultra Mini USB Connector)を追加したとの事です。UACはAppleの独自規格ではなく、既存のUSB規格の一つ。

https://arstechnica.com/apple/2017/02/no-apple-isnt-developing-an-all-new-port-for-accessory-makers/

今回は8pinのLightningに変わる物としてUACを追加したものではなく、UACもMFi認証に追加したよという事でAppleはTypeCに向かうこと無くMFi認証ドル箱を拡張した事がわかります。

近年、Lightning関連デバイスを認証されること無く認証品として販売している業者が増えていることもあり、金策ではないか?との見方もあります。

だたのまやかしであるMFi認証を廃止してくれませんですかね。
このままでは、Lightning−AudioとTypeC−Audioでまた市場が混乱してゴミが増えますし。

アップルが、新しいコネクタ規格「Ultra Accessory Connector (UAC)」を導入する準備を進めているようです(上の画像はイメージ)。

9to5Macの記事によると、この新しいコネクタはヘッドフォン・ヘッドセット製品向けで、アップルのライセンス・プログラム「Made for iPhone (MFi)」に採用すべく、製造メーカーに対する「デベロッパー・プレビュー」を行った模様。

「UAC」のピンは8本で、先端のサイズが2.05 x 4.85 (mm)と、Lightningコネクタよりやや薄く、幅はLightningの約半分程度しかない超小型とのこと。

続きはこちら(ソース元


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい