総務省がまた規制?MVNO契約時の本人確認を徹底

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

不正契約を防ぐために総務省は格安スマホの契約時に本人確認を徹底する様に業界団体に通達したとの事。

以前はプリペイド契約時に本人確認なしで契約できた時代がありましたが、現在は格安スマホ契約でその方の目を掻い潜って不正利用ができる…と。

現在の不正利用の方法が分からないのですが、料金踏み倒し意外にあるんですかね。オレオレ詐欺先な使い捨て番号は海外通話SIM(ローミング)で本人確認なしの物が利用されていると聞きますけど。
国内契約の不正利用の状況はもう少し知りたいですね。

総務省は全体的に見て締める部分を少し間違った方向性に向いている傾向にあるので、本気で事情通を内部に取り込んだ方がいいんだけど。

格安スマホ、本人確認を徹底=不正利用急増で要請―総務省
2/7(火) 17:04配信

不正に契約した格安スマートフォンを使った特殊詐欺の急増を受け、
総務省が業界団体テレコムサービス協会に契約時の本人確認を徹底するよう要請したことが7日、分かった。

厳格な本人確認を通じて、不正契約の格安スマホを利用した犯罪に歯止めをかけることを目指す。

総務省は1月6日、テレコムサービス協会に対し、(1)契約担当者への研修実施
(2)不正利用が疑われる契約の警察への通報(3)手口に関する情報共有―などを求めた。
事業者は契約時に本人確認を怠ったことが明らかになれば、携帯電話不正利用防止法に基づき、
総務相の是正命令を受ける。

続きはこちら(ソース元

もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい