全込み2980円の郵便局iijスマホ販売を拡大。ARROWS M3で2年契約。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ひっそりとiijのSIMとスマホセットの取次の郵送販売を行っていた日本郵便ですが、2月24日から取り扱い局を1万局の倍の2万局に増やすようです。

契約可能なスマホは富士通のARROWS M3で、コミコミ2,980円という物。
ARROWS M3はエントリーモデルの日本製の為、完全にターゲットを絞っている感じがあります。

個人的にARROWSのSoCがSnapdragon 6xx以降だったら買いな商品であるわけだが(同価格帯でZenfone3など)、日本製というだけで周回遅れで高いのがスマホ界では相変わらず残念なところである。

Snapdragon410機を2年契約なので、スマホ好きにはおすすめできないので要注意である。

日本郵便は6日、18道府県の郵便局で行っている格安スマートフォンの販売取り次ぎを全国に拡大すると発表した。昨年8月以降、約1万局の郵便局にスマホ申し込み用のカタログを置いてきたが、24日から47都道府県の約2万局に広げる。

日本郵便は格安スマホ事業を手掛けるインターネットイニシアティブ(IIJ)と組み、同社のスマホ販売の取り次ぎを行っている。郵便局で配布するカタログに付いたはがきなどで契約を申し込むと設定済みのスマホが宅配便「ゆうパック」で届けられる。

利用料金は、端末代金込みで月額2980円(税別、2年契約)。端末は富士通グループの「arrows M03」、データ通信量は月3ギガバイトまで。

続きはこちら(ソース元

もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい