オワコンとされる電子機器…スマホにシェアを乗っ取られ死亡確認

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スマホのシェアが拡大した影響から市場から消えていく機器が

スマホの機能を分解して考えてみよう。

●代替えされた機器

・腕時計
スマホを見るだけで、正確な時間を確認する事ができるようになった。
・コンパクトデジタルカメラ
スマホのカメラの進化により、コンデジ画質に近くなった(または超えた)、合わせて手軽に写真撮影ができるようになった。
・ICレコーダー
スマホの機能で補完できる。アプリにより細かい設定も可能で利便性もいい。
・FAX
電話回線がなくても月額でFAX送受信できるサービスがある。また、メール送信対応に世間が向いてきた。
・ビデオ(DVD等)
VODの普及やストリーミングの普及により、据え置き機で再生するのは画質に拘るコレクターが中心となった。
・音楽プレイヤー
スマホで音楽のダウンロードから再生、調整まで全ての管理が可能になったこともあり、一般的な音楽ユーザーは離れた。しかし一部のハイレゾを求めるユーザーにより市場は縮小しながらも保っている。
・パソコン(デスクトップ)
スマホがあればパソコンが要らないという若者思想によるもの。特に据え置きとなるデスクトップは一体型に進化をしていったが中身的に大きなモバイルPCとして中途半端になっていった。

 

個人的な意見ではあるが、この中で一番いらないというか無くなって欲しいもの、それは「FAX」だったりする。
FAXでないと受け付けない、FAXじゃないと送れない、なんて旧式な企業もまだまだあるわけですが、いちいちコンビニに走るのも面倒くさいので至急廃止をお願いしたいところです。

 

ファックスをビジネスで使っている先進国は今や日本だけだというが、テクノロジーの進化で次に消えてしまいそうな定番商品とは?

『週刊プレイボーイ』本誌で「石川英治のホワイトハッカーなんでも相談室」を連載中のホワイトハッカー・石川英治が予測する!

続きはこちら(ソース元


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい