GalaxyS8、村田製作所製バッテリーを採用。優れた日本製に頼るSamsung

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Samsungの次期フラッグシップモデルのGalaxy S8に採用するバッテリーが村田製作所製であることが明らかになった。

村田製作所のバッテリー事業といえば、昨年ソニーから事業買収のニュースがあったのもまだ記憶に新しい。
ソニー製のリチウムイオンバッテリーは以前から様々な分野で評価が高い事でも有名。個人利用として、ソニー製デバイス以外にも、電子タバコ(VAPE)用のリチウムイオンに関しても好んでソニー製緑電池を選択する人も多かった。それも、一時期は手に入りにくいくらい市場から在庫がなくなった時期もあります。

電子タバコのバッテリーについての詳細(ソニー製が優れている解説あり)

 

そのソニーバッテリー事業を受け継いだ村田製作所の品質維持と更なる進化が期待できる。
ただし、Galaxy note7における発火事故に関しては端末設計にも問題があった為、バッテリーをより良いものに買えるだけでなく、薄くなくてもよいので安定かつ安全な端末を設計してもらいたいものだ。

サムスン電子が次期モデル「Galaxy S8」のバッテリーを中国企業から日本企業に変更したことに、「中国製は品質より価格優先だから」「品質を重視するなら一度中国製部品を全て外した方が良い」「やっぱり中国製より日本製の方が良いだろ」「サムスン電子の選択は優れている。日本企業の場合、問題が発生しても、それを調査し、問題の原因を解決する能力がある。日本の技術力とサムスンが出会ったら、素晴らしい相乗効果が期待される」など、日本企業に期待する声が多く寄せられた。また、「サムスンSDIも事故を起こしたバッテリーを製造していたのに、供給させるのか」など、グループ企業への対応の甘さに批判的な意見もあった。

続きはこちら(ソース元

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す