あなたのサイトが検索除外?Goolgeが例のアルゴリズム日本語版を実装

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

Googleが新しく発表した内容は、コンテンツのパクリサイト、書き起こし文章が一切ないサイトへの検索順位が下げるアルゴリズムの日本語版を実装した事の様です。

このアルゴリズムにより、タダの引用コピペ、まとめのコピペ(のコピペ)、RSS相互のみアンテナサイトや、中身のないキーワードを詰め込んだようなサイトの検索順位が下がります。

今までと比較してどれだけ差がでるのか分かりませんが、完全自動更新などの仕組みで運営している方は要注意で、自身のサイトの内容などを見直すいい機会になるかもしれません。

 

 グーグル合同会社(Google)は3日、日本語検索におけるウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えたことをウェブマスター向け公式ブログで発表した。

ユーザーへの有用で信頼できる情報の提供よりも、検索結果での上位表示を重視したサイトを「品質の低いサイト」とし、検索結果の表示順位を下げるものだという。対象は日本語のウェブサイトのみとなる。

これにより、オリジナルで有用なコンテンツを持つ「高品質なサイト」を、より上位に表示する。

続きはこちら(ソース元

もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい