SNS疲れ…他人の「幸せ」投稿で不愉快症状が過半数

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

FacebookやTwitterなどで、何故か他人の行動がよく見え、自分の人生より優れて見える要するにムカつく)という錯覚現象が引き続き発生している。

嫉妬にも似たこの不快現象ですが、アンケートデータをアンチウイルスソフトのKaspersky社が発表した。
その内容によると、他人が自分よりいい人生を送っている風の投稿に関して過半数の54%が過剰反応を起こしている結果に。
次点が迷惑広告、休暇で楽しそうな投稿に関して、と続く。

当方としては幸せ投稿よりも、うえーい投稿の方が無理ですね…。Twitterとかのアレ。あと、インスタの写真は何故か何でも感でも茶色に加工しがち

 SNSで他人の投稿を見て「自分よりもいい人生に見える」と嫌な思いをした人が半数以上いる

――そんなアンケート調査の結果を、ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labがこのほど発表した。

調査は2016年10~11月、世界18カ国の16歳以上の男女1万6750人を対象に実施。
そのうち日本の回答者1000人に「SNSを見て嫌な気分になった理由は何か」(複数回答)と尋ねたところ、
約54%が「他の人が自分よりよい人生を送っていることを知った(結婚、子ども、旅行、休暇)」と答えた。

続きはこちら(ソース元

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す