ハズレあり?不良整備品含むiPhoneSEガチャをビッグローブが販売開始する

Pocket

ビッグローブはAppleから買い付けていないiPhoneSE(ガチャ)+SIMセットを販売開始する。

今回のガチャ要素は海外向けか国内中古品(整備品)かという当たり外れが大きいような仕組みだ。

もちろん海外向けであれば大当たり。
シャッター音はそもそもグローバル的にならない仕様。日本などの一部地域向けにシャッター音を強制しているため、ただの負のおまけ。そんな海外向けiPhoneは大当たり以外の何物でもない。

整備品という名の中古は、グレードにもよるがハズレは必ず入っている。
iPhoneに限って初期不良を整備品としてリフレッシュして使用すると謎の不具合が生じる可能性が高い。
筆者も本体交換で整備品を提供してもらったが、1ヶ月でWiFiを拾わなくなるなどの不具合が発生し、まともに使用できる物に出会うまで幾度も交換した、という脅威の不運率を体験した。
それでも不運に合う確率よりも整備品の不具合確率の方が格段に高いと思っている。

 ビッグローブ(BIGLOBE)は、MVNO型携帯電話サービス「BIGLOBE SIM」で、アップル製の「iPhone SE」(16GB版)の販売を開始した。単体では販売されず、BIGLOBE SIMと端末のセットで利用する「アシストパック」で提供される。

アシストパックの料金は2080円×24カ月(計4万9920円、税抜/以下同)。1月31日までに申し込むと200円割引され、1880円×24カ月で利用できる。BIGLOBE SIMの料金プランのうち、エントリープラン(月900円/3GB、データ通信のみ)を利用する場合、月々の支払い額は2980円となり、25カ月目以降はエントリープランの料金のみ支払うことになる。

BIGLOBEで取り扱うiPhoneは、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」に続くもの。アップルから直接仕入れたのではなく、日本国外向けの新品、あるいは、初期不良で回収された端末を修理した新古品など、メーカー整備品をBIGLOBEが独自で調達した。ただ一度限りの販売ではなく、ラインアップのひとつとして今後も取り扱っていく方針とのこと。

続きはこちら(ソース元)
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1039810.html


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい