脱獄iPhone販売男の初公判「犯罪じゃない(と思った)」と容疑を否認

Pocket

不正改造したiPhoneをオークションで販売した男、池田大将(25)の初公判。日本では発の脱獄iPhone商標法違反での罪に問われた問題。

「犯罪ではないと思った」と起訴内容を否認とのこと。

PSPの頃もCFWを入れてROM入れてオークション販売してた輩が逮捕されたのもありましたね。時代を超えてハードを変えて別の人が逮捕されるわけです。

そう言えば、iPhone脱獄関連は修理屋にこっそり代行して小銭を稼いでいる店もあるんですよ。以前にラジオで伊集院光の番組「深夜の馬鹿力」で言っていた外国人が脱獄うんちゃらかんちゃら…なんて結構日常茶飯事。

大手はやってないけど、個人店はなんでもありなのである。
ちなみに、大手iPhone修理店もAppleに罰則くらったり、東京税関に摘発されたり、著作権侵害で逮捕されたり、大半が黒に近いグレーなのである。
もしもそんな店を知っていたらコメント欄に記載お願いします。

不正に改造したiPhoneを販売した、商標法違反などの罪に問われている無職の男が、初公判で、起訴内容を否認した。
富山市の無職・池田大将(だいすけ)被告(25)は、不正に改造した、いわゆる「脱獄iPhone」をネットオークションで販売し、アメリカ・アップル社の商標を侵害した罪などに問われている。
「脱獄iPhone」が立件された、全国で初めてのケースだった。

続きはこちら(ソース元)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00347570.html


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい