儲けすぎ!LINEがアプリ売上部門で4年連続世界1位を獲得。総合部門でも第8位

Pocket

2013〜2016年、世界でもっともお金を稼いだモバイルアプリ部門(ゲームを除く)が「LINE」である事が分かった。

LINEは2013年以降、常にLINEはアプリ部門で1位を取り続けている。
また、ゲームも含めた総合部門では世界第8位とゲーム会社がトップを占める中、大健闘である。

2011年のLINE登場時は少々ダーティな方法でユーザーを増やしていったのは記憶に新しい所。個人情報がLINEに取られる!なんて声を荒げた人も少なくない。(ちなみに中の人にも当時にその話を確認済み)
今は犯罪を助長するツールの代名詞の様にも扱われるが、生活をより便利にするアプリとして欠かせない物となった。

LINEに関しては韓国製と勘違いされることも多いが、企画開発したのは日本の純日本製である事を再確認してもらいたい。

iPhoneやAndroidスマートフォン向けにアプリケーションを出している企業は星の数ほどあるが、2016年に世界で最もお金を稼いだのは、ゲーム関連を除くと「LINE」だった。実に4年連続だ。

アプリ専門の調査会社App Annieが公開したレポートをLINEが引用して発表している。LINEのトップは2013年から変わっていない。

続きはこちら(ソース元)
https://internetcom.jp/202052/line-win-app-market-without-games


モバラボ編集部

投稿者の過去記事

モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者であり元世間を騒がせ会社の人であり規制前にマ●●ン売ってたヤツであり香港深セン輸入マンでもあります。
にわかなスマホ情報発信者を斬ります。

ピックアップ記事

  1. ギガヤバ(UQのキャッチコピー)広告に「大げさな表現」を行っていたUQと利用者との裁…
  2. 最近はイヤホンもヘッドホンもbluetooth接続型の安価な物が沢山出回っています。しかし、…
  3. 期待できるのか否か、今までの流れを見ると4年縛りを生み出した(それも規制される方向だが)総務…
  4. 4年縛りなどの囲い込み契約に関して公正取引委員会が動くようです。4年縛りや実質リース…
  5. Bluetooth対応のモバイルスピーカーは様々なラインナップがあり、どれを購入して良いのか…
  6. またしても不具合?GalaxyS8に続き、GalaxyS9でも端末トラブルが発生して…
PAGE TOP