Androidの生みの親、iPhoneに対抗したスマートフォンを準備か

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Androidの生みの親、Andy Rubin氏がAppleやGoogleを退社したメンバーを中心に「Essential」社を設立し、スマートデバイスを準備しているとのこと。

iPhone7 Plusに対抗したベゼルレス端末をiPhone7の価格程度でリリースするというだいぶ挑戦した価格設定である。

最近のスマホ事情は、ブランド化されたもの(iPhone)、ある部分が優れている物(Xperia等)、コスパと性能に優れた物(HUAWEI等)、安価な物(その他)にユーザーが別れるが、どの層をターゲットに今後攻めていくのかが期待。

また、第三の〜なんて言われ、シェア1位を獲得するなんてことを大手ニュースメディアで豪語ってたWindowsPhoneの失敗を忘れずにEssentialの端末は追いかけていきたい。
とにかく、残念デザイン&仕様だったPixelを超える物を作れたらそれはそれで欲しいです。

※そう言えばFireFox OSってどうなりましたかね?

(略)

米Bloombergが今回入手した情報によると、Rubin氏は「Essential」という名称の新会社を近く発表する。新会社は米AppleやGoogle親会社の米Alphabetなどから採用した約40人で構成され、Rubin氏が最高経営責任者(CEO)に就任する。

Essentialは、モバイル端末やスマートホームデバイスを含む複数のハードウエアの密な連携を目指し、その中心にスマートフォンを据える。

現在プロトタイプを開発中で、少なくともその1つは、スクリーンが「iPhone 7 Plus」の5.5インチより大きいながらも、ベゼルが無いデザイン(ベゼルレス)によりデバイス自体はiPhone 7 Plusより小型という。関係者の情報によれば、今年の半ばに、「iPhone 7」(米国での販売価格は649ドルから)に近い価格でリリースする計画という。

続きはこちら(ソース元)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/011600100/?rt=nocnt


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい