受験生は要注意。スマホが近くにあるだけで極端に集中力が低下するぞ!

かつてはゴーストヴァイブレーション現象なんて物がありましてな。ポケットやカバンに入れている携帯電話が揺れた様に錯覚する物。
当時は電話またはメールを受信したかだけだったので、まあ大したことはなかったけどね。

現在のスマホでは受信できる情報量が多すぎるため、この現象が起きてしまう可能性と思われる。ソース元にある「電子メールが来ないかと、」だけに収まらない

InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSの通知やスマホゲームのライフの回復、その他アプリから発せられるニュースなどの通知も集中力を大幅に下げる要因となる。

集中したい場合はスマホの電源を切る、または簡単に操作できない状況におかれるしかない。

かつてスマホゲーで知り合った受験生は受験シーズンに入るとスマホを不運して一切操作しないといった自分への制約を設けた方もおった。

ちなみに当方は無理です。常にスマホを数台持ってないと不安でしかたのない完全スマホ依存人間であります。(医療的に治す方法あったら教えてください)

河原特任准教授は「電子メールなどが来ないかと、スマホに気を取られてしまうため」と推測。大学入試シーズンを前に、受験生は、勉強に集中するため、スマホを遠ざけたほうがいいようだ。

 実験では、パソコンのモニター上で、様々な図形を映し出し、その中から「T」の形を被験者が見つけるまでの時間を測定した。被験者を20人と18人の二組に分け、一組にはモニター脇に被験者のスマホを置き、もう一組にはスマホと同じ大きさのメモ帳を置いて、実験に参加してもらった。

続きはこちら(ソース元)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170109-OYT1T50037.html



もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい