自撮りアップに要注意!指紋情報は写真から盗まれ悪用される

要約するに、ネット上の人物写真から指紋情報を抽出し、指紋認証を突破する悪用方法を防止する新技術を開発している。

いや、その前に写真から指紋を盗むという技術が現在ある…という事に驚きを隠せない。
身近な人から有名人やアイドル、いや友人などの写真から情報を引き出せるとなると手なんかSNSにアップしてらんないです。

自撮りなどをの写真を公開している人は改めて、ジオタグを無効にしているかに合わせて、手のひらが写っていないかを確認して自己防衛しないといけませんね。

 スマートフォンなどの個人認証で利用が広がる指紋がインターネット上で狙われている。投稿された手の画像から指紋の模様を読み取り、個人情報として悪用することが可能だからだ。国立情報学研究所(東京)はこうした指紋の“盗撮”を防ぐ新技術を開発しており、犯罪防止に向け2年後の実用化を目指している。

指紋認証は人によって模様が違うことを利用した個人認証システム。IDやパスワードを使用せず、指一本で本人と確認できる利点があり、スマホやパソコン、マンションのドアロック解除、金融サービスなどに利用が拡大している。

続きはこちら(ソース元)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000047-san-soci


 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい