新型iPhoneにシャープ製の有機EL採用。中国河南省に工場を建設予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

鴻海傘下になってから爆進している様に見えるシャープ。

新型iPhoneに関しては昨年からナンバリング的にiPhone7sまたは8からiPhoneに有機ELが採用される、との噂がずっとあり、それもSamsungやLGの物が採用される傾向が強いとの見方であった。
もちろんシャープからの供給の話もあったが例の混乱期だったため、あまり良い話はなかった。

がしかし、やはり大資本の下に収まったシャープ。技術を活かせるフィールドが鴻海によって用意された、という感じか。

次期iPhoneは、有機ELの特徴である液晶焼付きの問題でどのメーカーがより優れているか、この話題で持ちきりになるだろう。Samsung or TSMCのSoCの問題の比じゃないよ。

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と傘下のシャープは、中国で新設に向け調整を進めているスマートフォン(スマホ)向け有機ELパネルの量産工場について、河南省鄭州市に設ける検討に入った。米アップルは年内にも主力のスマホ「iPhone」に有機ELパネルを搭載する予定。鴻海は鄭州市にiPhoneの組み立て工場を持っており、パネルもつくれば輸送費などのコストを抑えられる。

続きはこちら(ソース元)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11450070X00C17A1TJC000/


 

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい