おまえらスマホ見すぎ!小中高生の平均視力が過去最悪に…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

テレビやゲーム機、スマートフォンなどの見すぎで子どもの視力低下が指摘されているが、視力が1.0に満たない子どもの割合が、これまでの調査で最も高くなっていることが、文部科学省が2016年12月22日に発表した「平成28年(2016年)度学校保健統計調査」(速報値)でわかった。

この調査は、文部科学省が全国の5~17歳までの約340万人の子どもを対象に行なった。

文部科学省の発表資料によると、視力が1.0未満の子どもの割合は、小学生が31.5%、中学生が54.6%、高校生が66.0%と、いずれも調査を始めた1979年以来最も高くなった。幼稚園児は27.9%で、過去最多だった2008年の28.9%に次いで2番目だった。

これを30年前の親の世代と比べると、幼稚園児が約8ポイント、小学生が約12ポイント、中学生が約17ポイント、高校生が約13ポイント高くなっている。

続きはこちら(ソース元)
http://news.livedoor.com/article/detail/12486383/


 

寝床でのスマホ(というか光)が一番脳にダメージありそう。
当方もココ数年で寝る前スマホゲーのせいで視力の低下が著しく…。とにかく肩こりと目薬が必要に。

世間では依存具合もどんどん上昇しているので学校教育でもう少し何か取り組んだらいいんだけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す