爆発スマホで大赤字!!ではなかったSamsung。営業利益&売上高増に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 韓国のサムスン電子が6日発表した2016年12月期連結決算(暫定集計)によると、本業のもうけを示す営業利益は前期比10・6%増の29兆2200億ウォン(約2兆8500億円)だった。売上高は0・4%増の201兆5400億ウォンとなった。

欠陥が判明したスマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産・販売停止という逆風はあったものの、16年10~12月期の営業利益は前年同期比49・8%増の9兆2千億ウォンを確保。13年7~9月期以来の高水準だった。売上高は0・6%減の53兆ウォンだった。

半導体やディスプレー部門が堅調だったことに加え、スマホも中低価格帯のものなど、ノート7以外の機種が好調だったとの見方が出ている。

続きはこちら(ソース元)
http://www.sankei.com/economy/news/170106/ecn1701060023-n1.html


 

note7が爆発したのに!それ以外の端末が好調という見解だそうだ。

AMOLEDやメモリ関連、ミッドレンジスマホが好調ということで、note7のマイナスもなかったことに?ちょっとそれは考えられないレベル。何かからくりがあるのかね?
でもまぁ、メモリ関連は東芝やらの失速もあり、ディスプレイもIPSから有機ELに移行するメーカーも出てきているので一眼には言えないね。

また、希望者全てのnote7の返品・交換ができていない状態、倉庫にたまった処分待ちのnote7の処理代など今後の流れにも注目。

どうでもいい話ですが、当方の正月はnote edge+メディバンでお絵かき三昧してましたw

もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。
中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい