Win10も動作!! 米Qualcomm、新SoC「Snapdragon 835」を発表

米Qualcommは1月3日(米国時間)、モバイル向けSoC「Snapdragon」の新たなフラッグシップ
「Snapdragon 835 processor with X16 LTE」を発表した。製造プロセスに10nm FinFETを採用して
性能と消費電力効率を高めた。スマートフォン、VR/ARヘッドマウントディスプレイ、
IPカメラ、タブレット、モバイルPCなど、幅広いデバイスが対象になる。昨年12月にMicrosoftが発表した
Win32アプリケーションが動作するARM向けWindows 10もサポートする。
すでに製造が始まっており、2017年前半に搭載デバイスが登場する見通し

続きはこちら(ソース元)
http://news.mynavi.jp/news/2017/01/04/128/


 

Appleに差を付けられたSoCだが、ようやく835で逆転できるか?
トップスピードを得るよりもその時代時代のニーズに合わせた機能に対応していくのはいい感じだね。
ただ、コマ目のアップデートになるのでその機能の恩恵を受けることができる人達が少ないということ。

835のVR&Win32対応に関してはミッドレンジの6xxシリーズにも対応して欲しいものです。


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい