8Kもいるか?鴻海傘下のシャープ、2018年に8Kテレビを市場に投入

Pocket

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下で経営再建中のシャープが、2018年に高精細の8Kテレビを世界で発売する方針であることが27日、分かった。現在市販されている4Kテレビでは開発・販売に後れを取ったため、その次の規格とされる8Kテレビでは先行し、新市場で存在感を示したい考えだ。

 8Kは現行のハイビジョン放送よりも16倍高精細な映像を表現できる。18年から一部で8K放送が始まる予定で、対応テレビはまだ市販されていない。

続きはこちら(ソース元)
http://mainichi.jp/articles/20161227/k00/00e/020/180000c


HDDの大容量化の停滞、放送プロテクト、限定的な8K放送録画。
普及するまでにまだまだ時間がかかる。

現在は4Kの普及と関連技術の底上げが市場には必要だけど、先行技術として投下される8Kはそれで良い話。

ただ、テレビはもう少しネットと親和性をもった方が、業界盛り上がるはずなんだけどね。高解像度放送はその後だってば。


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい