品質に厳しい日本人が中国製「ファーウェイ」を支持している

Pocket

 スマートフォン市場は非常に変化が早く、またメーカー間の競争も非常に激しい市場だが、中国メーカーは自国内の巨大な市場を取り込むことで急激に販売台数を伸ばしている。特に近年急成長しているのは華為技術(ファーウェイ)であり、2016年9月には世界のスマホ市場でシェア3位にまで成長している。

また、ファーウェイは日本市場でも販売台数を伸ばしており、16年11月までにすでに日本国内でシェア4位となっているほか、タブレット市場でも出荷台数ベースでアップルに次ぐ2位となっている。

中国国内では「中国製品は質が低い」と卑下する声があるなか、中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人は中国製品を見下しているが、日本人はその中国製品であるファーウェイを支持している」と伝える記事を掲載した。

続きはこちら(ソース元)
http://news.searchina.net/id/1625893?page=1


 

P9やMate9は日本のガジェット好きやスマホ好きを取り込んだからね。
P8あたりから品質の向上、日本でも人気が上がった要因になったわけで。

当時のファーウェイの失敗ブランドAscendは糞だったなぁ・・・と昔の話。


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい