フェイクiPhoneのOPPO、中国スマホメーカーで売上トップに

Pocket

Oppoは今年第3四半期、中国のスマホメーカーの中で売り上げトップになった。同社は今、430ドルの「F1 Plus」モデルで中国以外でのシェアを広げようとしている。ディスプレイは5.5インチで、1,600万画素の自撮りカメラを売りにし、64GBのストレージを持つ。ニュースサイトTechRadarは「iPhone 6Sを買いたいが、予算が足りない場合にお薦めのモデルだ」と書いた。

Oppoは2004年に設立。当初はMP3プレイヤーメーカーだったが、現在はVivo、シャオミなどと並ぶスマホブランドとなった。調査会社IDCによると、今年第3四半期の中国でのシェアは17.5%で、前年同期の9.8%から急上昇した。好調の背景にはマーケティングの成功がある。台湾のMarketing Intelligence & Consulting Instituteのアナリスト、アーロン・リンはOppoのアジアの店舗数を30万店舗と試算し「シャオミと違いOppoは実店舗を主力としている」と説明した。

Oppoは世界のスマホブランドのトップ5にランク入りし、インドと東南アジアではサムスンを脅かす。中国の既存モデルをベースにしたF1 Plusは特にアフリカ、アジア市場をターゲットに発売された。

テックメディアAndroid Authorityは「F1 PlusはMedia Tekのチップを使っており、iPhone 6SのA8プロセッサには遠く及ばない」と指摘した。ユーザーからも「私はOppoのF1 Plusはテック好きが使うデバイスではない」「ゲーム中のバッテリーの減りが早い」などの声が上がっている。スピーカーの音質もiPhoneに比べて悪いとのレビューもある。また、「外観がiPhoneに似すぎている」との批判も受けている。

続きはこちら(ソース元)
http://forbesjapan.com/articles/detail/14505


OPPOは過去のXiaomiの様にiPhoneに似すぎたiPhoneコピーを販売してシェアを伸ばしている。

実際に深センのOPPOストアにて店頭で色々なOPPO端末を触る機会があったが、iPhoneに似た端末・iPhoneのコピー端末としてイメージという先入観が強く、所有欲を掻き立てるのには少し及ばなかった。
だたし、フラッグシップモデルは非常に完成度が高く、高級感や品質も良好だったが、他の中華ブランドスマホより少し割高の印象もあり、そのコストを出すなら別のハイスペックモデルを、となった為に購入を見送ったのが先々月。

あと、OPPO屋さんの店舗サービス戦略は体感して優れていると思う。
真夏が長い深センで(外人向けに?)冷たいお冷やを無料提供してくれるという他のショップに無いおもてなしはOPPO屋でしか味わえなかった。
また、端末の機能から種類など色々と丁寧に説明してくれたのも日本的な接客で印象的であった。

一方、Xiaomi屋さんは同社ブランドのモバイルバッテリーが激安という客寄せパンダがあるだけで好印象な対応はなかった。

 


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい