BT Audio規格「apt-X」は対応の確認を。片方だけ対応してても無効果なので注意

iPhone7のイヤホンジャック廃止のせいか、ここ最近Bluetoothのオーディオ規格apt-x(オプトエックス)が良く見る聞く様になったかと。

昔で言ったらBluetooth Audioなんて音質が悪すぎて使い物にならない!なんて事もありました。
遅延やシームレス再生の問題や同期ズレなど、色々と問題は多かったかと。

そこで登場したのがQualcommが発表したapt-X。
従来のBluetooth AudioでCD音源クラスの音質を伝送できると謳ったもの。
スマホでMP3やAAC、ストリーミングレベルの音源ならその音質を劣化させることなく再生できるのが特徴。
実際に対応機器で視聴したところ、外出時であれば特に問題のない充分な音質であることを確認。ウォーキングなどの音楽再生などに最適な感じも。

気をつけたいのは、apt-Xは送信側も受信側も規格対応している必要があるというもの。片方が対応していたとしても従来方式のSBCで伝送される為、音質や遅延が改善されることはない。

Androidスマホの場合は、QualcommのSoCが搭載されている機種は2015年以降はほぼ対応している(対応は各社スマホのスペックを参照)。
MediaTekやExynosなどの他社製SoCでは非対応なので注意。また、iPhoneシリーズに関しても対応はしていないが、独自にAAC規格に対応している。
iPhoneに関してはAAC対応の受信側機器を選ぶ事をオススメする。

そしてここ最近、さらに上位互換でありハイレゾ対応を謳ったapt-X HDも登場したわけだが、まだまだ対応機種が少ない。従来機で恩恵を受ける事はできないと思われるが、更なる遅延の少なさや高レートに対応していることが充分な期待がもてる。

後は対応機器でのレビュー待ち。当方にとっては音質よりも遅延や同期に関しての問題が大きく改善されたか、である。(遅延に関しはapt-X HDよりapt-X LLの方ではあるが…)
一番の検証方法としてスマホの音楽リズムゲームが完全に違和感なくプレイできるか否か、それにかかっている。


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい