FREETEL、10コアCPU+RAM4GB搭載の新スマホ

Pocket

http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/50064152.html

10コアSoCと4GBのRAM、WQHD解像度の5.7型液晶などを搭載した高性能なデバイスでありながら、一括4万9800円(税別、以下同)と価格が抑えられています。
そのほか主要なスペックは、カメラ性能がメイン1600万画素、サブ800万画素。
バッテリー容量は3400mAhで、連続通話時間は1260分。
指紋認証機能や、USB Type-Cポートも装備しています。
本体サイズは157.2×77.5×7.2mm、重量は約168g。


10コアってなるとHelioX2xかな?元記事みてないけど。

HelioつかMTのSoCはどうもGPUが弱くてゲームに不向き
MTxxxxからHelioの通称になってからのSoCでは2D系こそSnapDragon810程度になったもの、GPUはMaliの性能を活かしきれていないのかその数世代まえの3D性能。
ゲームやりたきゃiPhone買えって答え合わせになる。

技適の件を考えなければHelioX2xの機種は中華スマホで1.5万あれば買えるレベル(RAM4GBモデルなら2〜3万)なのを約5万で買う?初代VAIO Phoneの様な匂いもするけどアレほど香ばしくはない。

OulitelとかUleとかUMIとかをローカライズ&技適通してそのまま出せばいいと思うけど何か大きな壁があるのかね。


もばらぼ編集部

●モバイル関連情報を一般ニュースサイトとは異なる意見で発信する編集部。 中の人は、かつて携帯電話情報サイト管理者、元世間を騒がせ会社の人、規制前にマジコン売ってたヤツ、香港深セン輸入マンでお送りしています。

あわせて読みたい